生え際 発毛

生え際の発毛対策で育毛剤を使うことのメリットとデメリット

生え際発毛に使う育毛剤のデメリット

最近はかなり多くの育毛剤が販売されており、生え際の発毛効果が期待できる育毛剤も販売されています。

 

髪全体から見ても特に生え際は血流が悪くなりやすく、皮脂も溜まりやすい場所であることから育毛剤によって血流促進効果と頭皮環境を整える効果が期待できるので利用するメリットは大きいです。
しかし育毛剤は結果が出るまでに時間がかかるというデメリットもあります。
少なくとも半年、長くて3〜5年など自分が満足できるまでには時間がかかり、いつまでたっても結果が出ないというストレスからまた抜け毛が進んでしまうこともありえます。

 

また「育毛剤だけを使えば発毛する」と思われがちですが、生活習慣を整えるなどの対策を合わせて行わないと症状が改善するまでにかなりの時間がかかってしまいます。

 

そして育毛剤は安いものではないのでコスト面も考慮に入れて選ばなければなりません。

 

生え際発毛は高血圧だと使えない

更に育毛剤は誰でも使えるわけではありません。
血管を拡張させる成分が含まれているものもあり、心臓病や高血圧の治療中の人は使えない可能性があります。
心配な場合は市販されている育毛剤よりも医師に相談することをおすすめします。

 

育毛剤はこれらのメリットとデメリットがあることを理解して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

生え際の発毛効果が期待できる食べ物とは

生え際発毛に大切な食事

 

 

 

生え際の薄毛が気になる人はこれ以上の抜け毛を防止する対策を行わなければならず、そのためには頭皮環境を整えたり、適切な育毛剤を使うことが大切です。

 

しかしここでは生え際の発毛に絞って効果が期待できる食べ物をご紹介します。

 

 

 

 

髪はタンパク質で作られていることから、鶏肉や青魚、大豆や牛乳に含まれている「タンパク質」を積極的に摂取したいです。
またレバーやうなぎに多く含まれている「ビタミンA」は頭皮を健康にして新陳代謝を促進するため、特に乾燥肌の人にはおすすめです。
次にレバーや大豆、チーズに含まれている「ビタミンB」は健康な髪にするために重要で、体の中で不足すると抜け毛が増えます。
更に赤唐辛子に含まれている「カプサイシン」と大豆に含まれている「イソフラボン」は髪の毛を作る細胞を刺激する効果があり、同時にとると発毛につながります。

 

生え際発毛は食事のバランスが大切

一方で両方を摂取しすぎると頭皮の皮脂を増加する恐れもあるため、適量にするかサプリメントも上手に利用したいものです。
また肉類や油もの、塩辛い物、辛い物を食べ続けていると皮脂を増加したり薄毛を促進するため適量にしなければなりません。

 

神経質になる必要はありませんが、普段の食事を少し工夫してみることをおすすめします。